土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町。お陰さまで創業78周年を迎えました。土屋薬局のはてなブログ発信!

パキシルとうつ病と不妊の子宝漢方相談

「先生、生理が来ました。残念です。その前に「うつ病」で背中が痛くなったので、病院からトリアゾラムハルシオン)とロゼラパム(ワイパックス)にパキシルが追加されました。」

 

以前より漢方薬をご利用頂いているお客様で婦人科系の漢方もご利用されています。

 

今回は生理が来たことが期待が大きかっただけに相当ダメージがあって、しかも体調不調も重なってパキシルが増えたようでした。

 

お話をお伺いすると一人目のときもパキシルを服用していて妊娠したら服用をやめていたそうです。この手の「パキシル」のような抗鬱剤と子宝、不妊症。気持ちの問題と「うつ」と「不妊」「精神科」と「婦人科」。薬の副作用とホルモンバランスの乱れなど以前からよくある種のご相談です。

 

漢方も上手に併用できます。涙を流して「涙活(るいかつ)」をして気持ちをスッキリされましたのできっと体調がよくなれば子宝に恵まれると信じております。

 

そういえば、パキシルは薬科大学時代の友人がGSK(グラクソスミスクライン)でパキシルの情報担当でした。「土屋先生、パキシルは本当にいい薬ですよ」と親友が言っていますので間違いなく安心して服用してくださいね。とお客様にも伝えたのでした。

 

精神科の先生を信用してお薬も信用して服用していけば、早めに回復されると思います。

 

 

<2017年2月2日追記です>

jdy00247.hatenablog.com

おめでとうございます!嬉しいご懐妊の結果につながりました!

span.author.vcard{ display:none; }