土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町。お陰さまで創業78周年を迎えました。土屋薬局のはてなブログ発信!

耳鳴りの漢方|山形仙台で漢方お探しなら土屋薬局にご相談ください

 

ココログ版土屋薬局 中国漢方通信のコラムです。

tutiya.cocolog-nifty.com

 

中医師で耳鼻科の先生から教わったことをまとめています。

 

耳鳴りの漢方相談、薬局でも多い分野です。


慢性化して耳鼻科でも治らないことが多いので、漢方薬局向きの漢方相談という説もあるくらいです。

 

こちらにのお客様は疲れてきたり、週末になると耳鳴りが悪化することから急性の症状ではなくて虚証が原因である。

 

右耳の耳鳴りでキーンという金属音が一日中鳴っていること。


横になって体勢を帰ると低い耳鳴り、ボーッと音がする。これも虚証の特徴です。

 

過去には漢方薬柴胡加竜骨牡蠣湯や血府逐淤丸、八味地黄丸、加味逍遥散、蜂の子などをのんだが効き目が今ひとつ。

 

ここで中医師の先生からの耳鳴りの漢方薬の今までの経過を解説してもらいます。


まず虚証なので実証につかう竜胆瀉肝湯は必要がないということ。


牛黄清心丸のほうが耳鳴りにいいでしょう。とのことです。

 

実際、漢方薬局で先生方の中には牛黄清心丸を上手に使って耳鳴りなどの気になる症状を上手に対応しているケースがあるようです。

 

今までの流れは、耳鳴りの漢方対策として

 

1)補腎…腎は耳に穴をあける

2)通絡…耳のふさがりを通りを良くする

 

最後に活血(かっけつ)といって早めに効果が分かるような活血剤の漢方薬を紹介しています。


今回のお話では水蛭製剤でした。耳鳴りの症状が良くなってきたら次の段階は冠元顆粒などを。という見通しです。

 

3)活血…耳の内耳の血流を改善する

 

以上、耳鳴りの漢方薬相談はふかいという話でした。

 

耳鳴りでお困りのときには山形の土屋薬局まで漢方相談お寄せください。

 

tutiya.la.coocan.jp

 

耳鳴り、突発性難聴、耳の詰まった感じの漢方、漢方薬…不快な耳鳴りを漢方で何とかしたい!

突発性難聴や耳鳴りの漢方相談

こちらの耳鳴りのコラムも参考になりましたら、幸いです。

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

span.author.vcard{ display:none; }