土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町。お陰さまで創業78周年を迎えました。土屋薬局のはてなブログ発信!

高プロラクチン血症と排卵痛の漢方、妊娠!

土屋薬局の「高プロラクチン血症」「排卵痛」の漢方薬での不妊体質改善。

漢方体験の嬉しい話シリーズです。

 

「高プロラクチン血症」と「排卵痛」。漢方で体調を整え自然妊娠!

<Yさま33歳、結婚以来7年間の不妊

 

Yさまは33歳。結婚以来7年間不妊に悩んでいます。3年前に病院、産婦人科で2年間不妊治療のために通院していましたが、ご主人の海外赴任を機会に不妊治療を中断しました。

 

不妊治療をしていたときにはプロラクチンが高い「高プロラクチン血症」で、テルロンを1年半服用。「高プロラクチン血症」という診断を受けていました。

2度の排卵誘発の注射を受けました。

この子宝の不妊症漢方相談を受けた時には、まだご主人様が海外滞在であと数カ月後に帰国されるので、それまで「漢方薬でしっかりと体づくりをしていきたい」というご希望でした。治療再開とともに「健康な母体」を目指していきます。

 

<「高プロラクチン血症」とは>

 

「高プロラクチン血症」とは、プロラクチンという脳下垂体から放出される乳腺刺激ホルモンの分泌が高くなった状態です。無排卵性月経(無排卵)などを引き起こすこともあります。プロラクチンが多量に分泌された結果、卵巣からの排卵が抑制され、その結果生理が止まってしまうことがあるのです。

「高プロラクチン血症」の原因は「流産後、人工妊娠中絶後、脳下垂体に腫瘍がある、胃潰瘍の治療、精神科での抗鬱剤などの治療」などさまざまあります。

 

冷え性、肩こり、片頭痛

Yさまの体調です。

手足は冷たくいつも冷え性。肩こりがひどく片頭痛になりやすいです。

食欲あります。胃もたれありません。お通じやお小水も良いです。

ただし、ストレスなどの精神的な問題、肉体的には疲れなどにも弱いです。

 

<月経周期は?>

28日周期です。月経期間は5~6日間。経血量が少なくなってきたことが気になります。月経血に血塊も混ざります。

「生理痛」よりも排卵痛」がひどいです。

生理が終わってから排卵までの間に下腹部がキリキリと痛みます。

生理前には胸が痛くなりやすいです。

土屋薬局からは「高プロラクチン血症の漢方薬」「排卵痛の漢方薬などお勧めして約半年間の漢方の服用で「自然妊娠」の嬉しいご報告となりました。

 

漢方薬は「着床障害」の改善にも>

不妊症の体質改善、子宝の漢方薬の服用方法の紹介です。先日の「不妊症カウンセラー、体外受精コーディネーター養成講座」のときにも「着床障害をめぐって」という北海道の斗南病院の東口先生の講座がありました。その中で漢方薬」も着床障害の改善に良い。と書かれていました。

 

<高プロラクチン血症の漢方対策とは?>

  1. 瘀血(おけつ)対策の血行を改善する漢方薬は、血液がドロドロ、ネバネバしていて流れが悪くなった状態。体の「淀み」を解消していきますから、卵巣や子宮の環境が良くなって「授かりやすい」状態になっていきます。
  2. 疏肝理気(そかんりき)の漢方薬「高プロラクチン血症」や「PMS(月経前緊張症)」で生理前にイライラしたり、胸が張りやすいなどの「不妊体質改善」に役立ちます。

 

<「排卵痛」の漢方対策とは?>

排卵痛の漢方の原因」中医学で考えますと、1)気滞(きたい) 2)瘀血(おけつ)の2つの原因があると考えています。上記で述べた「高プロラクチン血症」の漢方対策とほぼ一緒の同一の方法ですね。これは「異病同治(いびょうどうち」とも言われます。

気滞や瘀血は何が悪くなってくるかと言いますと「通じざればすなわち痛む」ですから、月経痛(生理痛)や排卵の原因にもなりやすいです。

 

排卵痛の漢方対策」

  1. 瘀血(おけつ)→活血化瘀(かっけつかお)で血流を改善する。卵巣から卵子がスムーズに排出されることを手助けし、また卵巣の膜や質を改善すること
  2. 気滞(きたい)→疏肝理気(そかんりき)で気の流れをすみずみまで行き渡らせること。気の流れが詰まることは「血(けつ)」「津液(しんえき)」の正常な運行も妨げられるため、気滞を解消することは結果的に「瘀血」の状態を緩和し排卵痛の軽減に役立ちます。

 

「瘀血」とは「1)痛み 2)しこり 3)黒ずみ」が特徴です。

「気滞」とは「気の詰まり」です。「ため息、憂鬱、イライラ、顔の表情も曇りがち、PMS(月経前緊張症)や喉のつまり、パニック障害など引き起こしやすいです。

 

排卵痛」の漢方対策としましては「瘀血」と「気滞」の両方をうまく解消するようにバランスをとっていきます。「高プロラクチン血症」の漢方対策も「気滞」「瘀血」のこの2つを解消すれば、PMS(月経前緊張症)による生理前のイライラ、胸の張りなどが解消されていきますのでYさまの「排卵痛」と「高プロラクチン血症」による漢方相談は相関関係にあったといえます。

 

tutiya.la.coocan.jp

高プロラクチン血症の漢方のご紹介

高プロラクチン血症の漢方相談で妊娠されました〜卵の反応を良くする方法、基礎体温が整っての妊娠

無排卵とプロラクチンの漢方相談(漢方薬)

高プロラクチン血症で漢方服用しました。こんなに早く妊娠するとは(妊娠6週)・・家族で大変喜んでおります。

嬉しいお話〜排卵障害。多嚢胞性卵巣症候群。高プロラクチン血症の方のご懐妊など

不正出血と漢方薬について〜高プロラクチン血症のかたのご懐妊〜卵巣嚢腫と冷え性の話題

PCOSのかたのご懐妊〜高プロラクチン血症の方のご出産

こちらの漢方コラムも参考になりましたら、幸いです。

 

漢方相談なども土屋薬局までお寄せ下さい。

 

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。毎年50名以上の方が妊娠、出産されています! 

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

span.author.vcard{ display:none; }