土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町。お陰さまで創業78周年を迎えました。漢方相談はどうぞお気軽に問い合わせてください。大好き、幸せ、ありがとう、感謝、楽しいなど嬉しくなれる漢方相談が目標です。不妊症の子宝相談や美容、ダイエット、生活習慣病などすべてのジャンルの漢方相談可能です。健康をつくる漢方相談があなたの夢や人生の目標の手助けになれば望外の喜びです。土屋薬局のはてなブログ発信!

熊氏鼻病五度弁証の基礎理論と臨床応用指南と「虚静」

中医五官病オープン講座

 

2016年11月3日東京八重洲ホールで中医五官病オープン講座  「熊氏鼻病五度弁証の基礎理論と臨床応用指南」に参加してきました。久しぶりに東京での中医学漢方薬勉強会に参加です。講師は著名な中医耳鼻科の熊大経(ゆうだいけい)先生です。成都中医薬大学の耳鼻科教授で中国全土でも著名な漢方薬の先生です。

 

トン先生と熊先生

 

とても明るくてフレンドリーなまさに中医師の王道を行く素晴らしい先生でした。鼻水、アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎、くしゃみ、蓄膿症(後鼻漏、副鼻腔炎)、花粉症など鼻の慢性疾患で悩んでいる方も多いと思います。中医学漢方薬理論では「鼻」という局部の症状であっても人間は「小宇宙」で全ての臓器、経絡は有機的に繋がっていますので、「鼻」の疾患を通じて身体全身も弁証して「身体の中から健康になろうよ!」ということでした。

 

「鼻疾患は局部の病気ではなくて全身疾患」

 

鼻疾患のある小児は鼻の症状が治ったら夜尿症も改善された! 鼻の疾患が改善すと皮膚が綺麗になってきた。などです。ストレスやイライラなどの精神疾患も「鼻」の症状に関係ある場合もあるそうです。

 

鼻の疾患をそれぞれ、肺、肝、心、脾、腎と五臓との関連性からアレルギー性鼻炎や鼻血、花粉症などを漢方薬的に改善していきます。

 

中医五官病講座

 

通訳のトン先生とともに

 

トン先生と熊先生

 

 

「虚静」の書

 

熊先生は「書道の達人」でもあるらしいです。いま私は易経を勉強していますので、たとえば熊先生が述べた「王の文字は天と地の間の人という意味です。」に胸がジーンと来ましたし(多分、参加されていた全国の漢方薬局の先生たちとは感動するところが違っていると思います。私は変わっているので)、最後に熊先生が書かれた「虚静(きょせい)という言葉にも感動しました。

 

まだ「虚静」の真の意味を理解しているとは言い難いので、最後に秋本先生という中医師の先生にもお聞きしました。「恬淡虚無」と似ているような意味らしいです。さすがに老中医になると違います。

 

「虚静」の状態になると「お店の売り上げ」「人気」も上がるそうです。そうだとしたら、やはり私はもっと高い精神レベルの世界を目指したいです。

 

東京駅の夜景

 

東京駅の夜景 大丸

久しぶりに東京駅の夜景に感動

 

新幹線からの虹

 

朝は新幹線から虹に感動

 

tutiya.cocolog-nifty.com

ココログ版土屋薬局 中国漢方通信にも本日11月4日に再度、記事をアップしました。昨日のはてなブログは帰りの山形新幹線で携帯端末から書き上げました。

 

アレルギー性鼻炎の鼻水、鼻づまりに「漢方」お鼻スッキリルール

こちらは土屋薬局 中国漢方通信から。参考になれば嬉しいです。

 

山形県東根市神町  土屋薬局   薬剤師 土屋幸太郎

span.author.vcard{ display:none; }