土屋薬局のはてなブログ

痛みしびれなど山形の地域で多い漢方情報を中心にお届けします。

目のまわり(まぶた)がピクピク。顔の痙攣の漢方薬

「目の下のちょうど頬にあたる顔の部分がピクピク痙攣します」と漢方薬の相談を受けたのが今月の1月4日のときでした。脳神経外科MRI検査は異常なし。脳の検査は正常とのことでした。60代女性のお客様です。

 

デパスで治ります」と医師の先生から言われましたが、長期に渡りデパスは飲み続けたくないそうです。

 

また医師、薬剤師の先生からも「デパスの依存性」の説明を聞かされて怖くなってデパスは服用できなくなりました。(薬剤師の先生は私の知っている方だったりします。。)

 

そのような経緯で土屋薬局に漢方薬の目の下のピクピクのご相談でした。

 

「筋(すじ)」がピクピクと動くから目の下の頬の部分がピクピクと痙攣するのであって、女性はまた「肝は女子の先天」とも言われています。「肝は筋をつかさどる」とも言われています。

 

中医学漢方薬理論をもとにして、とある目の下の頬のピクピクに効き目があるであろう漢方薬(市販のもの)をまずはお試しください。と1つお勧めしました。

 

慎重に目の下の頬のピクピクの漢方薬は用法用量の規定量の半量から始めます。

 

今日の1月16日のご来店では開口一番「目の下のピクピクした頬の痙攣は治りました。治りました❗️」と喜びの笑顔でした。半量にちょっと増やしたくらいで効き目が良かったそうです。これはまさにお客様に漢方薬の服用量を調整してもらう匙加減でございます。

 

「目の下の頬のピクピクの痙攣の漢方薬、続けてい期待です」ということで信用と信頼も得てまたお得意様のお客様がうまれました。

 

目の下の頬のピクピクの痙攣の漢方薬は、ストレスの軽減などにも良く、気持ちもリラックスして胃腸にも優しく、女性の血の道症、更年期対策にも良くて愛用者もかなりいらっしゃいます。そのようなことをお伝えして長期的な服用も可能なこともお伝えしました。

 

「またお薬のことで何か分からないことがありましたらいつでもお問い合わせください」とお伝えして笑顔でおかえりになって頂きました。

 

目の下、まぶたがピクピクします

目の下、まぶたがピクピクします。

 

土屋薬局前の駐車場。雪景色

2017年1月16日  土屋薬局前の駐車場。雪景色。朝の仕事は雪かき⛄️から始まります。

 

<2017年1月16日>追記です。

目の下のピクピクが治まってきました。調子がだいぶ良くなりました。食欲もあります。用法用量からご自身で少なめに加減しても目の下のピクピクに効き目が良かったそうです。引き続き、目の下のピクピクの漢方薬を続けていきたいです。

 

<2017年2月6日>

顔色がとても良くなり爽やかな表情です。とても目の下のピクピクの漢方薬、調子がいいので続けていきたいそうです。嬉しいお話でした。

 

<2018年2月15日追記です>

 

目の下のピクピクのみならず、まぶたのピクピク、片目のピクピク、頬のピクピク、口元のピクピク、まぶたの痙攣ストレス、眼瞼痙攣の漢方薬、眼瞼ミオキミア、眼瞼痙攣ストレス、まぶたの痙攣のツボ、目がぴくぴくする上まぶたなどのグーグル検索でも皆様、悩んでいる方が多いようです。

 

痙攣(けいれん)とは、そもそも自分の意志とは関係なく、筋や筋肉の収縮が続く状態のことです。顔におきる痙攣には、目の周りがピクピクしたり、目がショボショボしたりする【眼瞼痙攣】や顔の片側の目元や口元が痙攣する【片側顔面痙攣】があります。

 

眼瞼痙攣は目の使いすぎや眼精疲労、ドライアイがおもな原因になりやすいです。片側顔面痙攣は動脈硬化によって蛇行した血管に神経の圧迫により発症すると考えられています。またいずれにしてもストレスや睡眠不足、過労などが関係してきます。

 

中医学で考えるまぶたや口の不快なピクピク 顔の痙攣対策】漢方薬の知恵袋

 

中医学では痙攣は精神的なストレスや血のトラブルによって起こりやすくなると考えています。繰り返す痙攣を解消するには、身体の中の不調から改善することが大切です。症状を一時的に抑えるだけでなくて、体質を根本から変えて痙攣を起こしにくい体作りを心がけましょう!

 

痙攣自体は大きな病気ではありませんが、ほおっておくと症状が重くなったり、人前に出ることが恥ずかしいなどの日常生活に支障をきたすことも。

疲れると目がピクピクするといった症状は、軽めのうちから改善していきましょう。

 

【顔の痙攣が起こりやすい場所】

 

片側顔面痙攣→顔面の片側、目元、頬、口元

眼瞼痙攣→目のまわり

 

目のピクピクする中医学的な原因はストレスにより【肝かん】に負担がかかり【内風ないふう】といって身体の中に【風】が起こってしまうことです。

 

春になると【風】が吹いてきますね。身体の中の【風】は【内風】となり、めまいやふふらつき、血圧上昇、イライラなどの身体のふらつきになります。

 

まぶたのピクピクの原因は【ストレス】によるもの、また【春】の風を吹かせる着せ的な要因も大きいでしょう。【春は肝臓】と密接な関係があるので、ひょっとしたら普段からのストレスやまた睡眠不足の傾向も筋肉のピクピクにつながっているかもしれません。

 

顔、目の下、まぶた、頬のピクピクは身体の中のストレスサインかもしれません。

自律神経系、筋肉の痙攣、緊張、ストレスと大きく関係している【肝】は春の臓器であるためにこれからの季節、ピクピクで悩む人が増えてくるのかもしれません。

 

五臓の肝は【気をつかさどる】ほかに【血液の貯蔵庫】でもあるので、睡眠不足や生理不順、月経過多、貧血気味のような感じ、考え事が多い、不安悩みがち、食欲がわかない、あまり食べれないなどの胃腸虚弱も【血虚けっきょ】の血液の不足を招いて、ぴくぴくに関係してきたりします。

 

中医学では、ストレスが多い【肝うつ】タイプと疲れやすい【血虚(けつえき不足)】タイプ、頭痛を伴う【瘀血おけつ血行不良タイプ】の3つあるとしています。

 

【目の下のピクピクのお食事】

食事では気の流れをスムーズにする、菊の花、薄荷(メントール)、ジャスミン茶決明子(ハブ)など。

血を補ったり、腎を補い潤いをつくるような黒い食べ物、赤い食べ物(トマト、ビーツ、枸杞の実など)、血を補う食べ物(レバー、なつめ、人参、ぶどう、ほうれん草、金針菜など)を多めに摂りましょう。

豆乳、豚肉、いか、牡蠣、山芋、じゃがいも、餅米、いんげん豆、黒木耳、ぶどう、くるみなども潤い補給食材です。

 

【暮らしの養生法】

 

普段の生活習慣、養生も大切です。血を消耗させやすいテレビの見すぎ、パソコンやスマートフォンによる目の使い過ぎ(目から血が消耗されると考える)、夜更かしも避けましょう。

  1. 睡眠を十分にとって疲れをとり、心身を元気にしましょう
  2. ストレスを溜めないように心がけて上手に気分転換
  3. 適度な運動は筋肉の緊張を和らげます
  4. 入浴で体全体を温めます。血行を改善。蒸しタオルで首周りや顔を温めることもお勧めです。
  5. ビタミンやミネラルを多く含む食材(大豆、緑黄色野菜、貝類など)を積極的にとりましょう!

 

我が家の庭です。雪景色

2017年2月7日  今朝の我が家の庭です。雪景色。そろそろ地の陽気も感じられる季節になってきました。

 

 

span.author.vcard{ display:none; }