土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市の土屋薬局のはてなブログです。

恵命我神散の我朮(ガジュツ)につきまして

恵命我神散を長年愛用されているお客さまからお問い合わせがありました。恵命我神散とは「けいめいがしんさん」と呼ぶ、古くからの伝統の胃腸薬です。屋久島の我朮(がじゅつ)を主成分としています。屋久島は古来から「薬島(やくしま)」と呼ばれ、恵命我神散の原料生薬の我朮やウコン、カンツワブキゲンノショウコといった薬草が多く見られるそうです。屋久島は恵命我神散のふるさとです。

恵命我神散は生薬我朮(ガジュツ)配合の方向性苦味健胃薬です。薬学生は薬学部で「苦味健胃薬」と学びますので私達薬剤師にも懐かしい響きでございます。

恵命我神散は屋久島、種子島産の生薬、ガジュツを主成分(83%)とする方向性苦味健胃薬です。その他は真昆布、ウコン、ショウキョウ(生姜)と配合されている医薬品です。

 

さて本題のお客さまからの問い合わせです。

「恵命我神散のガジュツは子宮の血流も良くする働きが期待できるでしょうか?以前に母親も子宮筋腫になったので遺伝的なものを心配しています。よかったら教えてください」

 

わたし薬剤師の土屋幸太郎からの回答です。

ココログの『腎病の弁証論治 北京首都医科大学 劉金城教授」をぜひご参照してください。こちらのコラムにも我朮(ガジュツ)のことが掲載されています。」

tutiya.cocolog-nifty.com

2010.06.29

 

腎病の弁証論治 北京首都医科大学 劉金城教授

 

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

一昨日の日曜日 2010年6月27日は仙台のホリディインで南北合同定例会が開催されました。

東京からも薬剤師の先生方が集まり、熱気溢れる会場となりました。


私のメモをブログ化してアウトプットします。


テーマ:腎病の弁証論治 北京首都医科大学 劉金城教授


丹参→血中の気薬


人参→黄耆→党参→沙参→丹参→当帰→白芍→沢蘭→川弓→桃仁(紅花)→山稜(我朮)→水蛭

↑ 補気 の強さ分類     ↑ 活血の強さ分類」



活腎血(かつじんけつ)

腎精(血)→補先天(ほせんてん)→機能を高める


1)補腎 (ほじん)

2)水蛭(腎─水臓) 、水中の血薬、水中の陽
   稲 水の中で生きている

陰中の陰の血を動かすことができる。


補腎とは寿命を上げること、子どものころから努力する

 

活胃血→我朮 ∽ 砂仁 (養胃に必要)


腎不全→貧血

精↓ →血↓ → 気↓ →固摂↓ 補腎は悪循環を改善する


左帰飲→左帰丸

右帰飲→右帰丸


鹿角→血肉友情(けつにくゆうじょう)

ED,精子数↓ 二仙丹


補腎の応用→不眠症うつ病、ノイローゼ、アトピー性皮膚炎、DM、ED、高BP


腎病の治療は、補腎+活腎血


心→丹参
肝→沢蘭
胃→我朮
腎→水蛭



実際に漢方相談の演習をする

その1)


横になることは、腎を休めること。

血が腎に集まる。

「腰は腎の府」

腎は心についで血液を必要とする臓器


日本は湿地、北京は燥地


舌:痰、歯痕 →脾気虚…疲れやすい、横になりたい


舌ベロチェックの1つのポイント→実際にその病状と合っているかどうかを確かめてチェックする。

→5キロ痩せたのに、歯痕があって胖大は合っていない。

 

2つめのポイント

舌の歴史。その人は以前はどのような舌であって、今のこのように変わってきたのか。


腎病は必ず耳を見る→陰虚は耳が熱い。淤血、陽虚は耳が冷たい。


補腎+活血(冠元、水蛭)


その2)

頭痛には実証と虚証がある。


虚証→抑えると楽になる。疲れやすい、気血不足。

何も見たくない→虚証。

何か見るとたとえばテレビなど見ると気がまぎれる。→実証


舌:痰紅、裂紋 苔:白苔

気不足:質を化することができない。


cf 頭がハチマキで締め付けられるような感じ、苔が厚い→以前から続く内湿

湿の治療は病程が長いので難しい。


気虚も、昨日、今日の問題ではない→内湿


湿は風薬を使う、山頂に風を吹かせる。

 

 

実際に恵命我神散の効能・効果は「食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ(過食)、飲み過ぎ(過飲)、胸焼け、もたれ(胃もたれ)、胸つかえ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔い、悪酔いのむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐」です。ご使用に関しましては添付文章を必ずお読みください。

 

上記のお客さまへの回答はこのはてなブログで紹介したことよりも、もっと踏み込んでメールさせて頂きました。この場では薬事法の関係上、薬剤師として効能効果を逸脱する恐れがありますので公表は自粛しています。(大人の事情により)

 

むかし、私の祖父ももういまは亡くなってだいぶ経過していますが「恵命我神散を服用していると鼻がスッとして頭がスッキリする」とよく孫の私に語っていたものです。いい医薬品には間違いないです。

 

大石田川前、最上川河川

 2017年2月14日 大石田川前、最上川河川敷

くまモン

くまモンです。

ヤマガタ県?

これは、ヤマガタ県?

ゴロリ

ミッ…。みんなで作ろうのゴロリだそうです。ツイッターのフォロワーの七色さんに教えて頂きました。ありがとうございます。m(__)m

 

土屋薬局 中国漢方通信

tutiya.cocolog-nifty.com

span.author.vcard{ display:none; }