土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町。お陰さまで創業78周年を迎えました。土屋薬局のはてなブログ発信!

43歳高齢不妊妊娠への体外受精の遺残卵胞の漢方薬

不妊症漢方講座を受講しました。今回は40代の不妊症のお客さまの話題。

東京新宿の体外受精専門有名クリニックでクロミッド+スプレキュア、ソフィアA。

結婚5年めで初潮11歳です。

月経周期は25日周期で生理は3日間。経血量は少なめ。生理痛はほとんどありません。

おりものは排卵期は少なめです。3日未満。

 

結婚後、病院での不妊治療をしていてすぐに体外受精

体外受精ではクロミッド+スプレキュアで採卵。

採卵後はソフィアAを服用します。

新鮮胚移植、凍結融解胚移植胚盤胞)でも結果がでずに陰性。

化学流産の経験あります。

 

ホルモン剤を服用するといつも2ヶ月くらいは遺残卵胞が残るのがお悩みです。

クリニックからは「遺残卵胞も採卵しましょうか?」とアドバイスがあって悩んだり。

FSHは50を越えていて採卵できない時がある。

 

 

今回のテューターの中医学講師の先生は劉先生です。

すごく不妊症など婦人科の漢方に強い先生で尊敬しています。

先生からお聞きしたことをこのはてなブログにまとめていきますね。

 

「この43歳の高齢のかたはまず1つには基礎体温表が高めです。

基礎体温表の低温期が36・5℃前後、高温期は36・9~37・0℃です。

低温期、高温期ともに高め。

 

②二つ目は月経周期が短め、排卵が早いです。

小さい卵のまま排卵します。小さい卵子は受精能力がない。

高温期も短くなる。

 

このような場合には青いボトルの漢方薬をよく使います。

とくにその漢方薬の徳川将軍三代目が愛した薬草は「熱」と「湿」をとります。

「女子は貞操を守るべし」の漢方薬は肝腎の陰を補います。

収れん作用があるので小卵胞のまま排卵しないように抑えていく補腎の効果が気滞できます。

月経周期3日目から青いボトルの漢方薬を使っていきます。

1日3回 1回7~8粒で 1日21~24粒くらいが目安

 

通常は生理3日目から高温期に上がるまでですが高温期が高いときには青いボトルの漢方薬は高温期にも使えます。2~3ヶ月の服用で結果がでてきます。

 

青いボトルの漢方薬は ①高くなりすぎた基礎体温表を下げる ②月経周期を伸ばす

 

よって高齢不妊の方に向いています。不正出血の漢方薬対策にもなります。

 

FSHが高い問題。→不妊の病院、クリニックではピルでリセット

 

クコの実と菊の花が配合された漢方薬+地底の陰気を吸い取った亀ちゃん漢方薬+青いボトルの漢方薬などオススメです。

補陰を中心に対策していきます。

BBT(基礎体温表が上がってくるから)

 

遺残卵胞の対策。

不妊治療のホルモン剤の関連します。

高齢だと卵が育ちにくい。

遺残卵胞は採卵したとしても受精率はひくい。

遺残卵胞は活血+化痰、つまり活血化痰が大切。

 

活血剤の漢方薬+ロシアでスノーモービルで冬にタイガの平原を苦労して採取する漢方薬の併用が一番良い。

 

たとえば田んぼで人の血をチュウチュウ吸い取る漢方薬+ロシアの漢方薬

生理スタートからでも良い。

ピルを使って高温期のときにも併用して大丈夫です。

死血をとる。

遺残卵胞の予防にも

 

遺残卵胞とは主席卵胞が大きくなりにくいこと。

ほかの卵も大きくなりにくい。

クロミッド、HMG注射で残りの小さい卵胞も発育してしまう。

卵は大きくならずに遺残卵法として残る。

HMG注射、高温期のピルで低温期の小卵胞が高温期に大きくなって遺残卵胞となる。」

 

私達からの質問へ

 

「木◯丹はデトックスに、または子宮内膜症。または酒を毎日飲んでいる人。

地底の陰気をすう亀ちゃん漢方は肝腎の陰を補い、滋陰潜陽へ。

満州族の秘宝、ハシマはカエルの輸卵管。若い男性の精力剤(昔は)、いまは女性の美容にも大人気。効き目には個人差があるみたい。よく効く人もいれば効き目ないひとも。八仙丸のバージョンなアップと思って頂ければ。肺と腎の潤い。」

 

「育卵も大切」

 

高齢不妊と漢方、妊娠、出産について

体外受精と漢方併用。結婚12年初めて妊娠しました!

こちらの土屋薬局 中国漢方通信のコラムも参考になりましたら、幸いです。

 

 

池とドクダミの花

2017年6月23日 我が家の庭 ドクダミの花が咲いています。ああ

 

ドクダミの花

 

山形県東根市神町の土屋薬局 不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。毎年多くの方が妊娠、出産されています!

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  

土祭日 午前9時~午後6時

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

 

span.author.vcard{ display:none; }