土屋薬局のはてなブログ

土屋薬局での漢方相談、不妊の子宝相談などで嬉しかった話など薬剤師、不妊カウンセラーが分かりやすく解説します。

耳鳴り10年間。漢方1ヶ月で高音の耳鳴りが気にならなく改善!

こんにちは! 実は耳鳴りの漢方相談もしっかりできる薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 山形県東根市の土屋薬局です。

 

先月のことです。 耳鳴り10年間の漢方相談をお受けしました。

 

左耳が最近、高音の耳鳴りが気になってきたそうです。

 

耳鳴りのきっかけは心の風邪(うつ)となり、病院に通うようになってからだそうです。

 

聴力は400ヘルツから下が聞こえません。

 

左耳は聞こえづらく、キーンというこれにスピーカーのような音が混ざったりします。

 

ストレスが関連しているようです。 耳の詰まり感はないそうです。

 

腰から下は冷えます。 夏以降、左の手背がしびれを感じます。

 

食欲あります。 睡眠はとれています。

22~23時には早寝を心がけています。

 

大便は正常です。

 

お酒は焼酎1日1合

 

耳鳴りが気になります

耳鳴りが気になります。

 

降圧剤や糖尿病の薬も服用しているとのことでした。

 

漢方薬は耳鳴りの対策に50代の男性のお客さまですが、一つは婦人向けの漢方薬、いわゆる血の道症改善によい漢方薬をお勧めしました。

 

血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。

 

男性も更年期になれば身体症状など不安定になってきますから。。

 

そしてそれに神経の高ぶりを抑える静かになるような安神薬と呼ばれる漢方薬を2つ一緒に服用してもらうようにお勧めしました。

 

そうしたところ、本日の11月8日では気になっていた下半身の冷えは10から6~7に減った。

 

これがまずひとつ良かったこと。

 

耳鳴りは、よくなったり、悪くなったりを繰り返すようになったそうです。

これは良い兆候です。

 

10年間の耳鳴りですから、良い、悪いを繰り返すのは改善していく一つの道筋です。

 

前ほど高い耳鳴りが気にならなくなり、以前は幼稚園児など子どもの遊んでいる声などが気になったのが、気にならなくなったそうです。

 

とにかく信頼してもらえて自信をもってもらえたようで嬉しく思いました。

 

また1ヶ月、同じ耳鳴りに良い更年期対策にもなる漢方の2種類の組み合わせを続けて頂きます。 

 

耳鳴りが気になります

耳鳴りが気になります。

 

耳の難聴気味、耳鳴りのみならず、膝の痛みや血圧もだいぶ良くなってきたとのことで嬉しい限りです。

 

「腎(じん)」は生殖器系、足腰、骨などの整形外科系、血圧などの内科系も含む臓器ですから、「補腎」することにより足腰が丈夫になり、同時に耳の症状も軽くなったという嬉しい話でした。

 

「腎は耳に穴をあける」と言われていて、五臓の腎と耳の関係は密接なのです。

 

補腎することにより耳鳴り、聴力の漢方対策に。

 

同時に耳鳴り、難聴のときには、血流を改善することが耳の聞こえ、耳鳴りの改善に役立ちます。

 

血流が良くなれば内耳、三半規管、蝸牛などのリンパの巡りが良くなるので症状が改善しやすいです。

 

耳鳴、耳の聞こえ、難聴でお悩みの方は漢方相談、山形県の土屋薬局まで遠慮なくお寄せください。

 

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

 

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

 

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

 

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

 

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺遊佐町 米沢市

 

お隣の新潟県福島県秋田県宮城県仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

 

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

 

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

 

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。

 

それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論東洋医学の世界へ。

 

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

 

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。

 

tutiya.cocolog-nifty.com

山形で漢方をお探しなら土屋薬局までご相談下さい。

span.author.vcard{ display:none; }