土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市の土屋薬局です。近況報告、中医学の話題など雑記的に

婦人科領域の漢方療法ー女性に多い心の症状を中心に-高齢不妊も

おはようございます。今日から平成30年度新年度です。調剤薬局ではシステムが変わったりいろいろと忙しい一日なりそうです。新しい季節ですから、今日の月曜日は緊張して職場や学校に行かれた方も多いと思います。

希望をもって勇気をもって、そして無理なく過労に気をつけてゆるく頑張りましょう!疲れたら休んでいいですよ。

 

さて、昨日の一日の振り返りです。仙台市JALシティの隣のTKP仙台カンファレンスセンターで午後1時から午後3時まで著名な東京の邱紅梅先生を招いての講演会でした。小太郎漢方さんが主催です。

 

f:id:jdy00247:20180403183202j:plain

2018年4月1日(日) 婦人科領域の漢方療法ー女性に多い心の症状を中心にー

 

f:id:jdy00247:20180403183127j:plain

 

邱紅梅先生は中医学では有名な先生で雑誌などマスコミや講演会などでご活躍中です。著書もたくさんあり、私も常日頃から勉強させて頂いていますので、妻を誘って勉強会に出かけました。道中、国道48号線は紅梅に白梅に綺麗でした。毎年見とれてしまいます。作並温泉の桜はまだまだです。桜の開花楽しみな季節ですね。

仙台市内は桜が咲いていてとても綺麗で美しかったです。

 

タイトルは「婦人科領域の漢方療法ー女性に多い心の症状を中心にー」でした。おもに更年期障害を中心にした2時間の中身の濃いお話でした。

 

精神状態について

 

問診のポイント 

①いまどんなお気持ちですか?

怒り、焦り、緊張

不安、憂鬱、憂い、悲しみ

戸惑い、迷い

過度の高揚感

恐れ

 

②どのような場面でそれを感じますか?

人間関係のもつれ、仕事のトラブルなどで怒り、焦りを感じる

ひとり静かなとき、ある場面を思い出しながら怒り、焦りを感じる

就寝前などに不安感が増す

人間関係において心配、不安が増す

決断にあたり迷う

日頃から決めることができない

環境変化(引っ越し、転職、結婚)から不安、恐れが増大する

 

臓腑と精神状態

 

実証 

ポイント 興奮状態 

気血津液精から 気鬱、熱証 

臓腑から 肝と心 

特徴 虚に転じやすい 

心情 怒り、焦り、緊張、過度の高揚感など

 

虚証

ポイント 不安状態

気血津液精から 気虚血虚腎精虚損

臓腑から 肝と心、脾、腎(腎精不足)

特徴 長期化する

心情 不安、心配、憂い、悲しい、恐れ、迷いなど

 

日本の食生活、習慣は気虚血虚になりやすい、関係しているはずです。

血虚は睡眠が悪い→血虚が睡眠が悪いためにますます進む

 

【ストレスは肝に影響する】

 

肝気鬱結→加味逍遥散

肝気上逆→加味逍遥散

肝火上炎→女神散

 

女神散は高齢不妊にもむいている。

高齢不妊とは更年期症状と不妊が合体している。

女神散は浅田家の漢方処方であり日本オリジナル。中国にはない商品。

処方が複雑なために日本でも理解が進まなくて愛用している漢方家が少ない。

邱紅梅先生は中医学的に理解したので使えるようになった。

 

心熱、心火をとるには黄連解毒湯もあるが心熱しか対応できずに、また脾胃(消化器系)に悪い

 

女神散は心熱、肝熱をとる。

ミドル四物湯+ミドル四君子湯がベースにプラス理気

檳榔子がとてもよい、檳榔子は降気薬で気逆を治す。

 

小太郎漢方さんの解説を参照しますと女神散の処方構成は13味、理気薬、補血薬、清熱薬で構成されている。当帰は補血し、川芎は活血し、桂皮は上衝を治し、木香は諸気を降ろし、鬱を散ずる。丁子はよく気をめぐらし、香附子は気を開き、檳榔子は胸中の鬱気をめぐらす。白朮、人参、甘草は脾胃を補い、黄連は心胸間の邪熱をさまし、黄芩は裏の熱を清解する。大黄は清熱するとともに便秘を改善する。

 

ここからが邱紅梅先生の講演の続きですが、女神散+野菊花または女神散+杭菊花の組み合わせも臨床応用できるとのこと。

 

九味檳榔湯は脾の気滞に使います。ガス、お腹の張る感じに

PMS(月経前緊張症)などのお腹の張りに短期間使う、1日1包、1・5包くらい少し足す。九味檳榔湯も浅田家の処方に呉茱萸・茯苓を加味した処方です。

 

そろそろまとめます。

 

女神散の効能効果は、体力中程度以上で、のぼせやめまいのあるものの次の諸症:

産前産後の神経症更年期障害、月経不順、血の道症、神経症

 

九味檳榔湯の効能効果は、体力中程度以上で、全身倦怠感があり、とくに下肢の倦怠感が著しいものの次の諸症:疲労倦怠感、むくみ、関節のはれや痛み、動悸、息切れ、神経症更年期障害、胃腸炎

 

ほかに婦人宝というイスクラ婦宝当帰膠から甘さを抜いた漢方処方の利点なども解説頂きました。

妻もとても参考になったようで夫婦で仙台での漢方勉強会に刺激を受けた一日でした。帰りには三越百貨店に食材を購入に立ち寄って帰路につきました。仙台市内は桜、国道48号線は梅の花が綺麗でした。この時期の国道48号線の綾子の梅の花は毎年好きです。

 

span.author.vcard{ display:none; }